So-net無料ブログ作成

『 縁 』 [日記]

「これも何かの縁だと思うので これからもよろしくぅ~v」

息子の入院中、消灯時間も過ぎたある夜ケイタイにメールが届きました。
くれたのは、5つ隣の病室に3ヶ月の息子君の付き添いで入院している友達。

彼女は小学校時代の同級生。
親しくしていた友人のひとりでありましたが、中学校が離れたのを機に
すっかり会う事もなくなり、たまに思い出す程度の存在になっていました。

それが2年前に動物病院でばったり再会したのをきっかけに、ドラッグストア
衣料品店etc・・・ と偶然にも 度々顔を合わせるようになりました。





                                     病室から見えた朝の空




それからたまにメールで連絡を取るようになり、去年の夏には気が遠くなるような
時間を経て彼女の家へ遊びに行くことに。

その時彼女は第2子を妊娠中で、出産をちょうど1ヶ月後に控えていました。
入院していたのはこの時、 お腹の中にいた赤ちゃん。
落ち着いたら会いに行こうと思っていたのに、思わぬ場所での初対面となりました。

そして、上のメールの嬉しいひと言。

同じ住宅地内に住んでいる同級生でも、卒業以来1度も顔を合わせない事が
ほとんど。そう考えると、彼女とは不思議な縁で繋がっている気がするのです。






               ヒマな入院生活、電車が通るのを眺めるのが私と息子の楽しみでした




そして、縁といえば忘れてならないのがこのblogでお知り合いになれた皆さん。

遅くなりましたが、今年もどうぞ よろしくお願いいたします。

これからの1年も 
ゆっくり のんびり 
みなさんとお話し していけたらと思います。

向かっているのはキーボードですが、
その向こうには 『みなさんの顔がある』 という事を忘れずに・・・





いよいよスタートしたこの1年
みなさんと
わたしと
そして私たちの大切な人たち全てに
ささやかでも ひとつでも多くの happy! を感じられる毎日でありますように。






nice!(22)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

退院しました [育児]


久々にPCを開いてここへ来たら
たくさんの温かいコメントが ;-;

本当にありがとうございます。
とっても とっても嬉しかったです。

おかげさまで、息子は先週の月曜日に退院する事ができました。
入院するきっかけになった病気は完治したのですが、
入院中に風邪をひいてしまい、車もなかったので実家で過ごしており
金曜日の夜に帰宅しました。


『ブドウ球菌性皮膚熱傷様症候群(SSSS)』
これが今回息子がかかった病気です。
0~6歳くらいの子供が秋~冬にかけてかかる事が多いようです。

この病気は、ブドウ球菌からの毒素が血流に入って全身の皮膚に達し、全身が赤く
はれたようになり、やけどのように全身の皮膚がはがれてただれてしまいます。
赤くはれたところは触れると非常に痛いようです。
とくに乳児・新生児では重症になりやすいので、ただちに病院へ!
完治には3~4週間かかる、との事です。

息子の場合はまず目の周りが赤く、腫れぼったくなり(泣いた後のように)
口の周りと唇がかなり荒れた感じになりました。
体も赤くなって湿疹が徐々に増えていきました。
この症状が日増しにひどくなり、入院当日の朝には顔全体が赤くなりむくみ、目も
目やにで開かない状態・・・まさに『お岩さん』の様でした ><

しかし、予想よりもはるかに早く6日目には退院する事ができました。
皮の剥け方が良かったようです。





                 また24時間点滴かぁ・・・。疲れたからとりあえずお昼寝zzz




水泡がたくさんできてそれがどんどん潰れて行くのですが、そこが水っぽくなりグジュグジュと
皮の剥ける人と、乾いて皮の剥ける人の2種類の剥け方があるようで、息子は後者でした。

先生いわく
「おっ!これは良い剥け方だぞ~」
との事で^^



やはり付き添いは疲れましたが、去年に比べたら随分と楽でした。
日数が短かったせいもありますが、なにより息子が成長したんですね。
去年は『赤ちゃん』だったので付きっきりでいなくちゃならなかったのが、今はひとりで遊べる
ようになったのでベッドの柵を上げておけば、少しの時間なら部屋を空ける事が出来ました。
病院内の売店や病院前のコンビ二に行くだけの短い時間。
でも、溜まってしまった僅かな疲れを癒すには充分な時間でした。
ありがとう、息子。





                    トーマスとバーティ。どっちが早いかな?





私は自分の病気と出産を含め、今回で入院は4回、3箇所の病院に入院した経験があります。
今回の病院は初めてだったのですが、他の病院と大きく違ったところがひとつありました。

退院って当日の朝に突然決まったりしますよね。
私の場合家族がみな仕事に行っているので、平日退院となると迎えを夕方まで待たなければ
ならないんです。
そうした場合、もう退院が決まった部屋には看護師さんが顔を出してくれないんですよね。
(しかも出産の時は今日が退院だって言いに来てもくれなかった・・・。)

確かに、もう体調に問題もないのにこちらの都合で居る訳で・・・。
ちょっぴり居づらかったりするんですよね^^;
でも、今回の病院は午後の検温の時間にも
「最後の検温に来ましたよ~」
ってちゃんと来てくれたんです。
こんな事でも、患者側としては随分と気持ちが違うものです。





    サンタさんがプレゼントを持ってきてくれたよ!きっと良い子にしてたからだね♪
       ( 抱いているのは母です ↑ )

 




入院中に1冊の本を読みました。
blogにおじゃまさせてもらっている みやじーさん が書かれた本です。

いじめられている男の子を主人公に、人はみな「そこにいるだけで素晴らしい」存在なんだという事を教えてくれるお話です。

後半は涙が止まらなくなり、途中で何度も本を閉じてしまいました。

母親の立場から感じる事が多かったと思うのですが、子供がいなかったらまた違った視点から感じることがたくさんあっただろうな・・・。
出産前と出産後、受け止め方にどんな違いがあったか読み比べてみたかったな、と思う1冊でした。

そして、素晴らしいのはいじめられている主人公だけでなく人は誰も、いじめっ子でさえもかけがえのない存在なんだと書かれているところです。

人は生まれてきた時からじゃなく、母のお腹に命を宿した時からどれ程大切に、そして愛されてきたのか、きちんと子供に伝えてあげるのはとっても大切な事ですね。
それは、親にしかできない事。
息子にも、それを繰り返し伝えていきたいと強く思いました。

命の大切さを説いた物語ですが、副題になっている『風のメッセージ』の通り、読み終わった後爽やかな風を感じるような、ホッとする・・・そんな後味の良い1冊です。

みやじーさん、ありがとうございました。(図書館にリクエストして借りたんです・・・買ったものでなくてごめんなさい><;)

悲しいニュースが多い今、子供達が読んで話し合える場(学校)に置いて頂きたい本です。

そこにいるだけで―風のメッセージ

そこにいるだけで―風のメッセージ

  • 作者: 才桃 あつこ, 宮島 崇
  • 出版社/メーカー: 新風舎
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 単行本




ちょっと長くなりましたが、読んでいただきましてありがとうございます。
さて、今年も残りわずか。何となく慌ただしい日々になりますね。

ゆっくりになってしまうかもしれませんが、また みなさんの所へもおじゃましま~す^^





nice!(20)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

悪夢 再び!?? [育児]

前回 1年前の息子の入院生活を記事にしましたが

またしても本日入院となってしまいました><

数日前から顔も含め体が赤く、昨日の朝には

「どちら様ですか??」

というほどにむくみ、まるでお岩さんのような顔に・・・

昨日、今日とかかりつけの先生に診てもらったところ、

大きな病院を紹介します との事で、行った先でまたもや

入院となりました。

ブドウ球菌が毒素をばらまいて 、簡単に言うとやけどみたいな感じなのだとか。

先生、息子を診察した後

「こりゃぁ、ひと皮むけるかなぁ~ ^^;」 

皮膚が べろっ といくかもしれないとの事です><

前回入院した病院は家からも実家からも近いし、出産した病院でも

あるのでそちらが良かったのですが、何しろ時期が悪いのか満床との事で

ちょっと離れた初めての病院へ。

先生の感じは良かったかな。

今日休みをとってくれたダンナが息子を病室で見てくれているので

私は入院するための必要な物を取りに帰宅。

また付き添いです。

去年より私も余裕がある(と思っている^^;)ので大丈夫かな~。

それより、今年はどこで年を越す事になるのやら・・・

おっと、こんな時にこんな事をしているなんて知れたら怒られちゃう!!

早く出なくちゃ><

それでは、行ってきます。

 

 

胃腸炎なども流行っていますね。

みなさんもお体大切に。


nice!(13)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

散歩と回想 [日記]

お越しいただきまして ありがとうございます♪
200nice! いただきました。
これも、この超不定期blogに温かいコメントをくださる皆様のおかげです。
これからもどうぞよろしくお願いします^^

ちなみに、200番目のお客様は hanazonoさん でした。
いつもありがとうございます (^-^)/

 



 

散歩に行きました。

もうすっかり冬模様ですね。





去年の11月といえば生後4ヶ月目を翌日に控えた息子が
RSウィルスによる気管支炎にかかり、10日間の入院をしたんだったなぁ・・・。

あんな小さな体に数日間24時間点滴のための針を刺しっぱなし。
痛々しかった。





病気になった本人がいちばん大変。
分かってる。
でも
10日間 付き添い入院していた私も8日目のあの夜、限界だった。

抱いても授乳しようとしても何しても
泣きやまない息子。

心配した看護師さんが病室のドアを開けた時に見たのは
泣きわめく息子を抱いて一緒になって泣いている私の姿。

不安 と 疲れ。





翌日、婦長と保育士さんが続けて病室に来てくれて
その日の朝、どんな申し送りがされたのかはだいたい想像がつきました。

婦長と話をした時も、保育士さんと話をした時も
『やだ~!あたしってこんなキャラじゃないじゃん??』
と思いつつも涙が止まりませんでした。

息子は可愛い。
でも、24時間あの狭い病室に毎日ほぼ2人きりは辛かった。
本当に。

幸いにもウチはたいした病気でもなく、症状が落ち着くまでの入院と
最初から分かっていましたが、先の見えない入院生活を送っている
子供達もたくさんいるのでしょうね・・・もちろん大人も。

辛いですね。
本人はもちろん、そばにいてあげることしかできない家族も、また。
色々な意味で・・・。




さぁ、今年もやってきたこの季節。
温度計、湿度計とにらめっこです。


みなさんも、お体大切に。


nice!(25)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遊び場での出来事 [育児]

先日、友人と生涯学習センターにある育児学習室というところへ行ってきました。
学習室といってもプレイルームみたいな感じです。

そこでこんな事が起こりました。



その女の子は、部屋に入ってくる時からちょっと違ってました。
大きな音をたててすごい勢いでドアを開けたと思ったら、その勢いで部屋へ入ってきて

わーーーー!!!!!!

と大きな声を出しながら部屋の中を走り回りました。

その子のお母さんも特に注意をするでもなく・・・。
体も大きいし、おしゃべりも上手だったのでこの中ではかなりのお姉ちゃんだと思われます。
でも、仕方ないですね。子供だから^^;

ここまでは・・・

遊び場には2つの滑り台がありますが、その日は歩ける子供が友人の息子君と、その女の子
のちょうどふたりでした。
他の子供たちはみんな1歳前後の小さな子供たちなので使えません。

そこで、友人の息子君が1台の滑り台で遊び始めたのですが、それに気づいた例の女の子が
反対の滑り降りる側から駆け上がって行ったのです。
そして次の瞬間くるりと向きを変えて降りていきました。
といってもみんながお尻をついて滑っていくべき所を走ってです・・・。

「だめよ~ ならばなきゃぁ~」 
そのお母さんも言ってはいるのですが、注意をしてるって感じではないんですよね。
壁にもたれて笑って見ています。

こんな事が何度繰り返されたでしょうか。ここで

「ちょっとアンタ、あっちで遊びなさい!!」
(もうひとつの空いてる滑り台を指差して)

のひとこと。

これ、誰のセリフだと思いますか?
自分の順番が来ることを静かにじっと待ってる
友人の息子君に向けられた言葉です。

誰から??

例の女の子からです。
先に遊んでいたのは友人の息子君なのに・・・。

しかも、娘のこの言葉に母親は

大爆笑!!!!!(拍手付~♪)




このような場所って 自分と子供が息抜きをする場でもありますが、それと同時に団体生活
における基本的なルールなどを教える、そういう場でもあると思うのですが・・・。

友人は
「分かってもらえるかな、って思ってずっと待ってたんだけどね。分かってもらえなかったね^^;」
と言ってました。

せっかく楽しく遊んでいたのに・・・ちょっぴり晴れない帰り道でした。






 ☆ボク、ひとりで遊ぶのがスキなんだ。
   ママはそんなボクをちょっぴり心配してるみたい・・・・。
   でも、こうしてお花を見てるのがスキなんだよ。





                           キレイでしょ?






                            また来年会おうね~♪








nice!(22)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。